全国研修とは

全国研修とは

 日本の小児医療に発達等により、重症心身障がい児や医療的ケア児は増え続けています。平成28年12月、厚生労働省は、人工呼吸器などの医療的ケア児が「約1万7千人」いると発表しました。重症心身障がい児とその家族を地域でサポートするために放課後等デイサービスの必要性は増加しています。ニーズに応えて各地に開設されるのに伴い、重症心身障がい児・医療的ケア児に対する支援の基礎知識の底上げが課題となっています。

 全国重症児者デイサービス・ネットワークは、「支援者に必要な基礎的・基盤的知識」の共通化を図るため「赤い羽根福祉基金」の助成を受けて研修を企画し、本年度は全国21ヶ所で開催いたします。