19-11-24 ふれあい体操

ふれあい体操宮城

ふれあい体操

研修内容

愛情いっぱいのふれあいを通して、
音楽とともに子どもの身体感覚に働きかける「ふれあい体操」を学びます

 
  • 新しいふれあい体操「小手的冒険(シャオシュの冒険)」を体験します。少林寺拳法を学びに行く子どものイメージで作られ、手の動きも取り入れたもので、どの子も楽しく取り組めるものです。
  • 障害の重いお子さんと、こころとからだでどっぷりふれあい、うたいかけることにより、五感を総動員して深いやりとりができるように研修します。お子さんをとても大切にしているよ(愛してるよ)という気持ちを伝えながら、お子さんの気持ちや感情や意思をていねいに受けとめられるよう研修します。 
  • ふれることとうたいかけることにより、自分の体に気づき、全身のリラクセーションが図られることを体感します。呼吸の変化、呼吸の安定についても体験を交えて学びます。
  • 重症児の嚥下や呼吸が改善した事例について学び、新しいわらべ歌風遊び歌「舌骨山のごっくんこ」などを研修します。
    ※内容は、参加される方のニーズに合わせて変更する場合があります。

 

開催概要

開催日時2019年11月24日(日)10:00~16:00(受付 9:30~)
開催場所仙台市福祉プラザ 大広間(1)(2)
【〒980-0022 宮城県仙台市青葉区五橋二丁目12-2】
GoogleMap
対象障害の重いお子さんの支援にかかわる方
当事者・ご家族の方
定員60名
参加費重デイネット会員・賛助会員:1,000円
一般の方:3,000円
※当日、受付にて現金でお支払いください
申込期限2019年11月9日(金)
開催地運営事業所NPOあいの実
【問い合わせ先】
TEL:022-346-1730

登壇講師

NPO法人ひろがり 代表
重症児の子育て支援 センター長

丹羽 陽一氏

■ 講師略歴
1954年   名古屋市生まれ。
1978年   立命館大学法学部卒業
1979年~  愛知県立の養護学校教員となり重症心身障害児教育に34年間取り組む。
2000年   障がいの重い子どもの「ふれあい体操」発刊。
        以後毎年「ふれあい体操研修会」を開催。
2011年~  NPO法人ひろがりを立ち上げ、重症児デイサービス事業などに取り組む。

申込方法

下記リンクより申込書をダウンロードし記入の上、FAXにてお申し込みください。

FAX申込書