19-12-15 看護医療

看護医療埼玉

看護医療

研修内容

1部 医療的ケア実施の基礎と制度の概要
① 重症心身障がい児、医療ケア児の基本的理解
② 介護職員等による医療的ケアの実施に関する
  制度の概要についての知識を身につける
③ 重症児に見られる主な病態および身体症状
  (呼吸器系・消化器系、運動器系(筋緊張・変形・拘縮骨折)、神経系、感覚器系 etc.)
④ 感染予防、安全管理体制等について
⑤ 日常的に把握・観察しておくべき状態とその意味

2部 暮らしを支える医療的ケア
① 呼吸機能障害(気管切開管理・人工呼吸)
② 摂食嚥下障害(経管栄養・胃瘻・胃食道逆流症)
 ※救急的な状態への対応と予防策
③ 喀痰吸引(基礎的知識・注意点)
④ 経管栄養(基礎的知識・注意点)
⑤ 在宅酸素療法・人工呼吸療法(基礎的知識・注意点)
⑥ 地域との連携

開催概要

開催日時2019年12月15日(日)10:00~15:00(受付 9:30~)
開催場所TKP大宮ビジネスセンター 1A
【〒330-0845 埼玉県さいたま市大宮区仲町2-26 富士ソフトビル】
GoogleMap
対象重心放デイ・生活介護 関係者
定員80名
参加費重デイネット会員・賛助会員:1,000円
一般の方:3,000円
※当日、受付にて現金でお支払いください
申込期限2019年12月6日(金)
開催地運営事業所NPO法人 合
【問い合わせ先】
電話:048-978-6449(担当:NPO法人 合 田井・岸)
E-mail:ai.jyusin@gmail.com


登壇講師

埼玉医科大学総合医療センター小児科講師(在宅専任)
埼玉医大福祉会医療型障害児入所施設カルガモの家
奈須 康子 氏

■ 講師略歴
    鹿児島大学医学部卒業後、静岡県立子ども病院ジュニアレジデントを経て、同新生児・未熟児科、および東京女子医大周産母子センターNICU新生児科医としての経験を基盤に、障害児医療の歴史的中核を担う東京小児療育病院を療育の拠点とし、療育医として障害児医療・療育の地域支援・在宅支援を行う。2013年より埼玉医大総合医療センター小児科講師。埼玉医大福祉会医療型障害児入所施設「カルガモの家」準備室および開設メンバーとして、小児在宅医療連携拠点事業等に携わり、多職種多機関連携による地域支援システムづくりに参加。

申込方法

下記リンクより申込書をダウンロードし必要事項をご記入の上、下記のいずれかの方法でお申し込みください。

申込書

1. FAXにてお申込
【FAX】048-986-6160
2. 申込書を添付し、メールにてお申込み
【E-mail】ai.jyusin@gmail.com