全国研修 開催決定!

新着情報

 日本の小児医療に発達等により、重症心身障がい児や医療的ケア児は増え続けていますが、重症児を対象としたデイサービスの数はそのニーズに追いつけていないのが現状です。人員配置基準が厳しいことや、重症児支援の経験者が極めて少ないこと等が重症児デイサービスの新規設立また事業継続の課題となっており、人材の育成が急務とわたしたちは考えています。
 そこで、重症児デイサービスの質の向上を目指し、昨年度に引き続き、本年度も「赤い羽根福祉基金」の助成を受け、全国で研修を開催することとなりました。
 昨年度は全国14市町村で28回実施し、延べ1,800名超の方にご参加いただきました。 本年度も、北海道から沖縄まで全国各地で研修を開催いたします。みなさまのご参加をお待ちしております!

コメント